自律神経と腸内環境の関係とは?

自律神経と腸内環境の関係とは?
▼自律神経とは
循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経のこと
自律神経とは

人の体には、末梢神経をなす「体性神経」と「自律神経」の 2つの神経があります。

体性神経は、寒いとか痛いなど、自らの意思で働く神経です。自律神経は、血圧や体温調整、食べ物の消化など、意志に関係なく働く神経です。

そして自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の 2つに分けることができます。

交感神経は、活動中に働く神経のこと

副交感神経は、体を休めているときに働く神経のこと

交感神経と副交感神経は、対照的な働きを持っており、このバランスが崩れると、精神疾患を発症する恐れがあります。

▼自律神経の乱れはどこからやってくる?
自律神経の乱れはどこからやってくる?

自律神経が乱れる原因は、以下のことが考えられます。

そして、最近の研究結果から、腸から脳へ影響を及ぼす「脳腸相関」があるといわれています。

ビジネスマンに多く見られる過敏性腸症候群は、ストレスが原因と考えられていましたが、最近は腸の不調が原因で、脳にストレスを与えている可能性が示唆されています。

自律神経の乱れはどこからやってくる?

✓ 乳酸菌などの善玉菌が 2割
✓ ウエルシュ菌などの悪玉菌が 1割
✓ どちらにも属さない日和見菌が 7割
(日和見菌が、どちら側につくかで腸内環境の善し悪しが決まります)

腸内環境を整える

腸内環境を良くするためには、善玉菌を増やし、活性化させましょう。

乳酸菌の入ったヨーグルトや、納豆といった発酵食品をしっかり摂ることで、善玉菌を増やすことができます。同時に大事なことは、善玉菌を活性化させる食物繊維も摂ることにあります。


食物繊維が多いのは、ゴボウや大根などの野菜、ワカメなどの海藻類、キウイ、アボカドなどの果物、大麦などの穀類です。

ただし、1日に必要な量はおよそ 20g以上といわれており、大根を例にすると、1本以上摂らなくてはなりません。栄養素を意識しながら、バランスの良い食事が大切です。

気軽に腸内環境を整えるならこちらがオススメです。

飲みやすいスティックゼリータイプで、乳酸菌を共棲培養して生成させた短鎖脂肪酸が主成分なので、体内にしっかり吸収されます。
しかも 90日間返金保証があるので、気軽に始められます!

▼まとめ
まとめ

自律神経と腸内環境は、密接に関係していることが言えると思います。


腸内環境を整えることも大切ですが、日々の規則正しい生活のリズムもまた大切なことだと言えます。
それでも調子が戻らず、体の活動に異変を感じる場合には、医師に相談することをお勧めします。

医療資格を取る
医療施設・病院で働く